どうして包茎手術をしたいの?

包茎手術をしたい人達にはそれぞれ理由があります。
手術で体にメスを入れると決意したからには、はっきりとした固い意志があるのでしょう。

 

一般的に多い理由です。
●とにかく包茎を治したい。
●包茎は不潔。
●包茎は女性にモテない。
●包茎は早漏の原因になる。
●包茎だと性病にかかりやすい。
●知人が包茎手術をした。
●皮をかぶっていないペニスに憧れる。

 

これらを見ると、ほとんどは「○○になりたい」ではなく「包茎でなくなりたい」です。
しかし包茎は病気ではなく、清潔にしていれば全く問題ありません。

 

一般的な手術理由のほとんどは包茎に対する不透明なマイナスイメージから来ています。
例外は個人の美意識から来る「皮をかぶっていないペニスに憧れる」です。
これは治療というより、ペニスの美容整形と言えます。

 

本来、仮性包茎なら手術をする必要は全くありません。
それでも美容整形として包茎手術をしたい人向けに、ペニスの向き不向きを調べました。

 

勃起してもまだ包皮にシワが出来ていたり、包皮が亀頭に届いている人は包皮を切除する余裕があります。
逆に包皮が張っていると切除出来る包皮が限りなく少ないです。
切除のし過ぎにはくれぐれも気をつけて下さい。